未分類

【第2話】デート・ア・ライブIII 感想まとめ

投稿日:

  • ベルはいいました……次倒れたら……終わりだと……。だからもう私は倒れません あなたを倒すまでは絶対に
  • …りんご…りんごが食べたい…りんごが食べたい…士道がむいた士道のりんごが食べたい…士道が皮をむいたりんごが食べたい…
  • どうして…どうしてわかってくれないの…?私はあなたと戦いたくない…私はみんなが仲良く…暮らせればいいなっ…て……
  • ふふ、士道には感謝をせねばならぬの
  • そうだねぇ……あたしはあの子を手伝うことにした
  • 俺は…やっぱり折紙に、誰かを傷つけたりする方法で自分を取り戻してほしくない。…それじゃあ、取り戻すどころか、その瞬間、折紙は、折紙じゃなくなっちまう気がする…
  • お?よく知ってるね。もしかして読者さん?まいどー
  • 世界の誰もがそんなおまえを肯定しかしないなら……俺がそれの何倍……もおまえをおまえの行為を、否定する……ッ!
  • ええ、ええ。士道さんはそう仰るでしょうねぇ。でも、それは勇気ではなく愚行ですわ。気持ちだけで何かを成すことなどできはしませんわ。士道さん一人が挑んだところで、すぐに殺されるか捕らえられるのがおちですわ
  • 【デート・ア・ラ○ブはぁはぁCG集/LolitaChannel】
  • 耶倶矢の方が肌が綺麗です
  • ふぇぇ:;(∩´`∩);:
  • ! へぇ? それは初体験ですわね。素敵ですわ。最高ですわ
  • ───ええ。とても。楽しいですから
  • 信じてあげなくもないけどね。……それで、何持ってるの?
  • ふうん......
  • 約束──したからな
  • んー?そうだよー。一応プロ。・・・・・作業に熱中してたらご飯食べるの忘れちゃってさー・・・・・仕方なく近所のコンビニかスーパーでも行こうと思って外出たら、地球の重力が意外と強いことに気づいちゃって
  • さあ、士道。さあ。
  • 知ったことかそんなもん……ッ!ASTだぁ!?他の人間だぁ!?そいつらが十香!おまえを否定するってんなら!それを超えるくらい俺が!おまえを肯定するッ!
  • ええ。人並み程度には。──それより、少し場所を移しませんこと? ここでは人目についてしまいますわ
  • 霊力なんて関係ねえ……たとえ『声』がなくったって、おまえが無価値になるだなんてこと、絶対にない……!
  • ええ、──これからについてのお話を
  • 懐疑。夕弦ならまだしも、耶倶矢に言い寄られて喜ぶ男性がいるのでしょうか?
  • ええ、構いませんわ
  • す…すみません…折紙さん……私、役に立ちたくて…でも…だめでした……やっぱり私は役立たずで……
  • 気合と根性!!
    あの時見せた力があれば、きっとこの訓練も乗り越えられますよ  
  • あなたは本物の士道よりも瞬きが〇・〇五秒程速く、また、身体の重心が士道よりも〇・二度ほど左に傾いている。間違えようがない
  • 普段とは異なる関係、状況で、五河士道と、選択した対象の反応を観察していました
  • でも、凄い汗だよ。手を貸そうか?
  • ......あんたが、楽しいって言ったから
  • だから!だから、一緒に考えよう!この世界を出ても、俺たちが一緒にいられる方法を…俺が凜祢が、みんなが…。一緒にいられる未来のことを!
  • んー、やっぱり落ち着くわー
  • 減る!確実に!時間と俺の尊厳が!
  • ──でもい今は『時間』を蓄えるのが先ですわ。今の状態では、あの炎の精霊を殺しきるにいたりませんし。………でも、諦めませんわよ?
  • う……ッ、うがああああああああああああああああああああッ!
  • 提案。そういえば、直接と言っていながら、肌の接触領域が限定的だとは思いませんか?
  • おはよう、凜緒。よく眠っていましたね
  • おお……主様。主様。安心するのじゃ。すぐにむくがあの黒い女を無に帰してくれるからの。そうすれば───
  • いいのよ。私はこれぐらいで
  • 速攻でバレた!?
  • えっ、ついに突っ込みもなし?
  • 俺はそうは思わない!おまえを信じていたファンは、必ずいるはずだ!でもーーもし本当にそうだったなら!そのときは俺が!絶対に手を差し伸べてみせる!
  • わたくしのことを知りながら、一人で接触を図るだなんて、少々迂闊なのではございませんこと?しかもわざわざ、人目につかない場所まで用意してくださるだなんて
  • 復唱。男性の気を引く方法を、と。理性のくびきを取り払い、辛抱たまらなくしてしまう手練手管をご教授願いたいのです
  • それで自分を人質に? 短絡的にも程がありますわ。追い詰められた逃亡犯ですの!?
  • だから今は…安心して休んでいて下さい
  • 可愛い妹の言うことを信じられなくなっちまったら、人間としては上等でもお兄ちゃんとしちゃ終わりだろうよ
  • ミケは4本足であるいていた そして「オンヴァー」と鳴いていた さらにいつも水の中にいた
  • あッはははははははははははははは! 見・え・ま・せんでしたかしらァ?

-未分類

Copyright© アフィリモ -AffiLimo- 総合情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.