未分類

【第2話】デート・ア・ライブIII 感想まとめ

投稿日:

  • 自分で呼んでおいて、全員揃わないうちからもう最後だなんて。そりゃあ早すぎるでしょう ミネルヴァ・リデル
  • ミケは4本足であるいていた そして「オンヴァー」と鳴いていた さらにいつも水の中にいた
  • まあ、いつもなら食べるに値しない小物ですけれど……近いうちにメインディッシュが控えていますし、肩慣らしならぬ舌慣らし──としておきますわ
  • はい。わたしは愛を知るため、五河士道と愛を育むための人材を検索、呼びかけました
  • 言われずとも……ッ!
  • 私は精霊を倒し、平和を守れる力があればそれでいいの…誰がナンバーワンかなんて、そんなことには…
  • ああ、五河士道。ここはいい場所だよね
  • 猫、好きなんだ
  • お?よく知ってるね。もしかして読者さん?まいどー
  • ふふ、これはわたくしの『時間』ですの。命 寿命と言い換えても構いませんわ 
  • 反論。耶倶矢が夕弦よりも上手く隠れられる道理がありません
  • うふふ、ふふ。いかがでして? 美しいでしょう? これはわたくしの過去。わたくしの履歴。様々な時間軸のわたくしの姿たちですわ
  • はい、なんでしょうか
  • ふむむん、楽しいの。のう、主様も楽しいか?
  • ちゃんと、あたしに愛を教えてね
  • それで、どうですか士道先輩。これで満足ですか
  • んー?そうだよー。一応プロ。・・・・・作業に熱中してたらご飯食べるの忘れちゃってさー・・・・・仕方なく近所のコンビニかスーパーでも行こうと思って外出たら、地球の重力が意外と強いことに気づいちゃって
  • ストーカーの基本を教えた……
  • わたくし、士道さんにお願いがありますの。……聞いてくださいまして?
  • 握れ!今は──それだけでいい……ッ!
  • ──さあ、さあ、おいでなさい〈刻々帝〉
    不遜で身の程を知らない精霊さんに、少しお灸を据えて差し上げましょう 
  • それにおまえは,「声」を手に入れて再デビューをしたとき,「宵待月乃」でも新しい芸名でもなく,「誘宵美九」って本名を使ったんだろ!?おまえは..知って欲しかったんじゃないのか!?自分はここにいるって!認めてもらいたかったんじゃないの…
  • おめかしした女の子と会って一言もなし?いの一番に教えたと思ったけれど?
  • 宣言。安心してください。夕弦の看病にかかれば、明日までに全快です
  • ええ、楽しみにしておりますわ!
  • こちらこそ…ありがとうございますううううっ
  • そ、その....えーと....ま、またお邪魔しますっ!
  • 士道とのコミュニケーションをとる必要はない。まずは観察する対象をよくみて理解する。それが第一歩
  • いい……ですわよ、士道さんなら
  • でも結果、その力が元でこんな争いが起こって…その力のせいでミネルヴァの心も歪んでしまった…こんなはずじゃなかったのに……
  • のう、主様
  • うん......凄い。下手な女の子より可愛いんじゃないの?
  • んー、やっぱり落ち着くわー
  • どうかご安心くださいまし。わたくしは今日、士道さんに危害を加えるつもりはございませんわ。
    どうしても信じられないのであれば、両手に錠で縛めても、首に爆弾を付けても構いませんわよ? 
  • あら、さっきまでの威勢はどうしたの?私を倒すんでしょう?私を討つんでしょう?私を殺すんでしょう?なら、早く飛びなさい。切っ先を、銃口を私に向けなさい。でないと───ふふ、あなたが先に死んでしまうわよ
  • 疑問。なぜ止めるのですか?
  • ふぅ……士道さんたら。せっかくのデートですのに、今日は随分と忙しないですわね
  • 言ったはず…もし私の仲間を傷つけるような事があれば…私はあなたを許さないと
  • ───ええ。とても。楽しいですから
  • もちろん、主様がきってくれるのじゃろう?家族以外にこの髪、触れさせる気はないぞ?
  • 鞠亜【いもうと】と一緒にしないで。あたしは鞠奈。或守鞠奈よ
  • ......いや、いつもながら美味しそうだなって
  • えっ、ついに突っ込みもなし?
  • いえ、せっかく士道さんが選んでくださったのですもの。──試着してみますわ。似合っているかどうか見てくださいまして……?
  • 昨日はお世話になりましたわね。きちんと片付けてくださいまして?
    わたくしのカ・ラ・ダ 
  • いいわ。───戦えないのなら、あなたは、もう、いらない
  • 同調。やっちゃいます
  • 何をなさっていますの、士道さん
  • よかった…本当に。みんな幸せそうで…
  • 邪魔なのはあなた。すぐに立ち去るべき

-未分類

Copyright© アフィリモ -AffiLimo- 総合情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.