未分類

【第2話】デート・ア・ライブIII 感想まとめ

投稿日:

  • 私はアルテミシアさんに会いたい 会わなきゃいけないんです それなのに…それなのに
  • ふふっ、それは──秘密ですわ
  • 人工、精霊?それは、なんのことですか?
  • ミネルヴァ…私はあなたと戦いたくない…でももし、私の仲間を傷つけるような事があれば…私はあなたを許さない…!!
  • ───【 閉 】
  • う・る・さぁぁぁいっ!黙ってください喋らないでくださぁいっ!わ、私をあれだけ辱めておいて,何を都合のいいことを!あなたの話なんて聞きたくありませんっ!
  • そう。あたしが侵入した時点でこの世界───〈フラクナシス〉のメインコンピューターに強固なプロテクトがかけられて、あたしはこの世界に閉じ込められちゃったのよ
  • この感情は、あの子達のものじゃない…これは──私自身の…
  • えっ、何今のシャウト。超面白い。もう一回もう一回
  • 重すぎるわぁぁぁぁぁッ!ていうか被害被ってるのは俺だけじゃねぇかッ!
  • いえ、せっかく士道さんが選んでくださったのですもの。──試着してみますわ。似合っているかどうか見てくださいまして……?
  • Alors a! Je ne m'attendais pas ce qu'il rvle le chara design de Phantom (la mosaque dans Date A Live III)…
  • あら、うちのおにーちゃんに何か用かしら、鳶一サン?
  • 肯定。確かに最後の決着が今まで何度も引き分けてきた殴り合いというのもどうかと思っていました。この勝負であれば異存はありません
  • そうだよ。一応はじめまして…だね。美紀恵ちゃん…
  • 昨日得た情報を元に、設定をいくつか変更しました。より、愛の発生と育成に向いた環境になっていると思います
  • 何を慌てておる。着替えるのじゃろ。服を寄越すのじゃ
  • そう、限界なんてない。いくらでも、あたしの複製体【コピー】を作れる
  • いいのよ。私はこれぐらいで
  • あ、、部屋は一八○一号室で、暗証番号は一ニ三四ね
  • さあ、皆にしたことを私にもして。壁際に押し付けて顎を持ち上げて。耳に甘い息を吹きかけて。おもむろにスカートを捲って。
  • 握れ!今は──それだけでいい……ッ!
  • まあ! まあ! 素晴らしい反応ですわ。素敵ですわ。素敵ですわ。でぇもォ
  • あなたは、士道さんのあとに。──もっと、もっと美味しくなってくださいまし
  • ん。ありがと、おにーちゃん
  • 質問。夕弦では……駄目ですか?
  • しかしいい夢でした…もう少し夢の続きを……
  • .....まったく。傍観しておくつもりだったんですけどね   
  • 二人で寝れるベッドで、暴れても大丈夫なぐらいで丈夫なのがいいんですが……
  • 既に起きていますが……必要ですか?それはデータによると、『フリ』というものに該当します。わたしは、五河琴里の命令を実行するべきですか?
  • なんじゃ、狐につままれたような顔をして。ふふ、愛いやつじゃ
  • でもこうなってしまったのは全部私のせいなのかもしれない…
  • あぁっ,もう……ッ!ムカつきますムカつきますムカつきます……っ!人間風情が私を馬鹿にしてぇぇぇっ!
  • 信じてあげなくもないけどね。……それで、何持ってるの?
  • あーあ。いけないんだ
  • やれやれ……どうする?
  • ────あ、少年、悪いんだけど部屋までお願いしちゃっていい?なんかねー、不思議なことに足が動かないんだよねー。やっぱ使わないと退化していくのかなー?
  • ふふ、これはわたくしの『時間』ですの。命 寿命と言い換えても構いませんわ 
  • おにーちゃん……ッ!避けてっ!
  • 拒否。夕弦は士道と一緒にいます
  • ま、待てよ折紙!おまえが狙ってるのは、五年前親御さんを殺したっていう精霊なんだろ!?十香たちは関係ないじゃないか!
  • あなたこそ忘れたの?
  • ……ふむん?
  • えっへっへ、いいってば別にー。なんていうの?ほら、ギャップってやつよ。そういうのグッとこない?男子的に
  • ……これ以上は……危険
  • ええ。──士道さんが、似合うと仰ってくれましたので
  • ──さあ、さあ、おいでなさい〈刻々帝〉
    不遜で身の程を知らない精霊さんに、少しお灸を据えて差し上げましょう 
  • 請願。今晩お世話になります、八舞夕弦です。どうぞよろしくお願いします
  • きひ、きひひ、きひひひひひひひひひひひひッ、さぁさ、どォうしますの? 今の状態で空間震が起こったなら、結界内にいる方々は一体どうなりますでしょうねぇ
  • あわわわ待ってください あなたはこんなにもやわらかくて温かい方なのに…なんでこんな酷い事をするのですか───

-未分類

Copyright© アフィリモ -AffiLimo- 総合情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.